煙樹ヶ浜でライトショアジギング!青物回ってる?Shore Jigging for Amberjacks in Enjugahama Beach

煙樹ヶ浜 ライトショアジギング

English version below

皆さん、こんにちは!

猛暑の中釣りを楽しんでいますか?

三連休に和歌山県の有名釣りポイント「煙樹ヶ浜」に行きました。昨年もここで、ハマチ3匹を釣り上げました。

記事は:https://freshjapanfishing.com/enjugahama-hamachi

和歌山の人気釣りスポット「煙樹ヶ浜」でライトショアジギング! 43センチのハマチGET!Fishing for 43-cm Yellowtail in Wakayama

夜中の1:00時に起きて、3:50時に到着しました。

そんな早い時間だけど、サーフで準備していた釣り人はすでに多かったです。

今回は少し長いロッドと大きいリールで挑戦してみました。

ライトショアジギング

4:00時から一投目!

まだ夜明け前で暗いので、グロー系ジグを使いました。グロー系ジグにUVライトを付けても全く反応がなかった。太刀魚もいなさそうでした。

そして少し空が綺麗な紫とオレンジになった頃、サーフ手前に波で上がってるキビナゴが見えてきた。確認したところやっぱりサイズが小さい、7-8センチぐらいでした。

その時にアングラーズリパブリックの「スメルト ダックス シルバー30g」に変わりました。

一投目で一回外れた!

魚がちょっと水面で見えたから、青物と明らかに分かりました。

その時とても興奮してましたが、できるだけ遠くにキャストしながら、ナブラも探していました。

4:53時、2投目は表層でさっきと同じペースでリトリーブしていたら、

ぐぐん!

ヒット!

ちょっと力がある魚ですよ!

そして、、、、

ショアジギング カンパチ

シオ!

※関西でカンパチの60センチ以下では「シオ」と呼びます。

ルアーもアングラーズリパブリックのメタルジグで、「ザ スメルト ゼブライワシ40g」でした。

 

この時シオがたくさん回遊していたと思われます。

20分の間、休憩なしでずっとキャストしていた。

また表層で少し早く巻いたら、、、

どどどん!

シオがフロントのアシストフックに掛かりました!

少しサイズがダウンしているからすぐにリリースした。大きくなってまた釣りたいですね🎵

ショアジギング カンパチ

次の瞬間は30分後、ちょっとサイズアップのシオがまた「スメルト ダックス シルバー30g」とリトリーブで釣り上げました!

ライトショアジギング

それから1時間ぐらい反応なし。さっきの魚群はどこかに行ってしまいましたね。

早朝だったけど、日が昇ってきた頃は凄く暑かったです。猛暑の朝で水たっぷり飲みました。

日焼けが気になるなら、顔は日焼け止めを塗るけど、腕はアームカバーをすれば日焼けしないですよ!

帽子もあればいいけど、今回は持ってくるの忘れました(笑)

6:50頃に遠くにナブラが見えました。私が立っている場所から200メートル先ぐらいでした。

遠過ぎだけど、ナブラがいる時はチャンス!

思いっきりキャスト!

今日絶好調の「スメルト ダックス シルバー30g」

波がサーフ際まで来て、靴がビチョビチョになっても前に行って、キャスト!

まだ届かない。。

しばらくナブラ近くにキャストしていると・・

ナブラが近くに移動してきました!

なんどもトライしているうちに隣で同じ場所はキャストしていた旦那がHIT!

サイズアップのシオ、それを私のカメラで撮ろうとした瞬間・・

ぐぐぐぐ!

私の方にもHIT!

和歌山県 釣果

やったー!!

とても興奮の瞬間でした!

あと、今日のアクションはジギングではなくタダ巻きがどれも的中。ボトムからタダ巻きか、ティップを少しだけ動かしながらのタダ巻きかでHIT。

この後、段々ナブラの姿が消えると、寝不足と暑さに耐えれなくなったので7:40分頃にストップフィッシング。

今回の釣果のポイント

  1. 日が昇るのが早く、5時前から魚が騒ついていた
  2. タダ巻き、もしくは竿先を少し動かしながらのタダ巻きで釣り上げる
  3. ジグのカラーはシルバーがベース
  4. 使用ルアーはアングラーズリパブリックの「スメルト ダックス シルバー30g」と「ザ スメルト ゼブライワシ40g」

マッチザベイトが重要ですね!

こちらは先日の釣りアクションビデオです!良かったらチャネル登録お願い致します!

今から段々サイズアップになるため、楽しくなりますよ!

女性も楽しめるライトショアジギング試して見ませんか?

English Version

On 14th of July 2018, I decided to return to Enjugahama beach in Wakayama prefecture to try some light shore jigging.  Last year in September, I was able to catch 3 yellowtail amberjacks on a short rod from this beach.

This place is extremely popular among anglers. I had to wake up at 1 a.m. in the morning and arrived at 3.50 a.m. Before sunrise, there were already at least 10 people preparing their gear on the beach. I decided to use a longer rod and bigger reel as I know that big amberjacks can be found in these waters. Information on my tackle can be found in the pictures above.

Upon first cast, I retrieved on the surface instead of jigging. About 3 meters away from me, the fish striked but I lost it and it showed me its tail, which revealed it was a pelagic fish. I got excited. On the second cast, I retrieved on the surface at a standard pace, and this time, I caught a young Greater Amberjack! It’s called Kanpachi in Japanese.

Then he caught one too, but on a 40g Zebra Iwashi jig. I decided to cast further out, and from 4:50a.m. to 5:20a.m. we already caught 3. I released one as it was rather small and prayed for a bigger one to come next.

Later for about an hour, there were no bites despite changing lure colors and sizes. At about 7 a.m., we saw a boil of baitfish about 200 meters away. It was far and we tried to cast near them by getting our feet wet and moving forward a little more. As luck would have it, my husband caught one. Upon my next cast, I was the next to hook up another young Greater Amberjack!

It was exciting even though we had only been on the beach for 4 hours. As it got hotter (35 degrees that day), and I was getting sleepy from being sleep-deprived the night before, we stopped at 7.40a.m. It was a long journey back home but it was worth it!

Here’s the action on my Youtube channel, please subscribe and thanks for watching!