【動画あり】オーシャンバトルで青物オフショアジギング!Offshore jigging in Awaji island, Japan on Ocean Battle

オフショアジギング

English version below

皆さん、こんにちは!「 FRESH JAPAN FISHING」です。

やっと秋の気温になりましたね!

さて、久しぶりにオフショアジギングに行ってきました!

今回はルアー船「オーシャンバトル」に乗りました。

今年4月にもオーシャンバトルでオフショアジギングでハマチ爆釣!

【和歌山・加太沖】オフショアキャスティングで青物連発!Female Singaporean Angler Goes Stick baiting for Kingfish in Wakayama

オーシャンバトルのアクセス

住所

〒596-0015 大阪府岸和田市地蔵浜町 (ホームページに場所の詳細が書いています。)

オーシャンバトル

料金

乗り合い:(一日)男性13,000円、女性と中学生は7000円、小学生は5000円。氷はサービス。

南淡路沖でショアジギング

朝の8:30時に南淡路沖に着きました。

その時は丁度満潮、人数は3人でのびのび釣りができました。

青物シーズンがもうすぐピークになり、小さいイワシも段々湾内に入ります。

使用したルアーはアングラーズリパブリック、大きいサゴシがいっぱい釣れる!

朝から皆がかなり大きいサゴシを釣り上げました。

まずはアングラーズリパブリック ジガロマッシブ 100g ピンクバックグローベリーを使って見ました。

このシリーズはセンターバランスで、バーチカルジギングにとても高アピールになり、スライドにもスムーズなアクションを楽しめる。

リフトアンドフォールでジギングを始まり!

そして、、、

フォールのときに、、、

ぐぐぐぐ!

60センチのサゴシでした!

 

ポイントを移動する時にアングラーズリパブリック ジガロマッシブ 115g クリアマグマにローテーションしました。

個人意見ですけど、このジグとスローブラットキャストロングのクリアマグマ色が本当に信頼できます。青物を狙ったら是非この色で挑戦してみてください。

しゃくったら、、、オフショアジギング

またいいサイズのサゴシをまた釣り上げました!

淡路島 ジギング

その後はポイントを移動して、サゴシ3匹を釣り上げました。同じジグとアングラーズリパブリック ブギーウォークスメルト 80g ゴールドグリーンで!

下記のイメージ通り、リアのトレブルフックをDECOYのシングルショットパイクに変わりました。

アングラーズリパブリック

止まらない!青物爆釣!船長も大変!

続いて、Daiwa 鏡牙 セミロング 130gグリーンゴールドを付けてみた。

スローピッチジャークで、、、

ドン!ドン!

これは重たい!しかもブルブルしてる!

そして、、、、

オフショアジギング 淡路

39センチの大サバ!

ポイントを移動して、天気が段々悪くなりました。

そして最後の10分で奇跡が起こった。

GoProの電池をギリギリまで使い切ったの瞬間にヒット!

オフショアジギング ブリ

45センチのハマチでした!いいファイト!

オフショアジギング 青物

今回はたくさんのサゴシが釣れました。他にはハマチと大サバ。

オフショアジギングなので、扱うルアーの重さがあり大変でしたが、魚が釣れた時の興奮は凄いですね!

今回の釣り動画はこちらです!是非釣った瞬間の映像をご覧ください!チャネルも登録お願い致します!

 
English version
 
What’s up everyone! Thanks for your continuous support and comments on my Youtube channel! It means a lot to me.
 
Today’s report is on my offshore jigging trip via Ocean Battle. The link for this boat service is listed at the top part of this page with the address on Google maps.
 
In April, I went offshore casting on Ocean Battle but this time I focused on jigging. Jigs used this time ranged from 100g to 130g as the area I went to, South of Awaji island, has strong currents and a sea depth of 40m and more. I was looking out for pelagic predators this time, namely amberjacks and mackerel species as they put up a good fight.
 
In the morning, we arrived at 8.30 a.m. and it was exactly high tide. I used Palms Anglers Republic Jigaro Massive Pink Back Glow Berry in 100g/125mm, together with DECOY Single Short Pike hook as the rear assist hook. I was able to get 2 Spanish mackerels and 1 Spanish mackerel on the same series of jigs & assist hook, but on Clear Magma 115g.
 
淡路島 ジギング
 
These mackerels put up a good fight! Some of them cut off some lines of the other anglers and they had to switch to 50lb leaders. I used a 60lb leader as I knew they would by the end of the day slowly thin off that thick shock leader with their sharp teeth!
 
Then in the afternoon, things slowed down a little and we moved to a different point in the same area. This time, I switched to Daiwa Kyouga Semi-long jig in Green Gold 130g/145mm, with DECOY Single Short Pike rear assist hook. With some slow-pitch jerking coupled with lift and fall action, the jig felt light and I SET THE HOOK!
 
It was a large Pacific Mackerel and it definitely did try to go under the boat.
jigging mackerel
 
In the last 10 minutes before we were about to head back to the pier, I decided to try the same variety of jigging actions and this time it was a heavy strike! Again, its heavy vibrations told me it was a pelagic predator and it did try to go under the boat again. I was tired and my wrist was about to give way from a day of jigging 130g lures, but I finally reeled it up!
 
A 45-cm yellowtail amberjack!
 
offshore jigging amberjack
 
Here’s all the action caught on camera! I hope you’ll enjoy the video and please support by subscribing before you go. Thanks!